プロフィール詳細:ルミネックス新社これまでの経緯

<ルミネックス新社創業まで>

1970年大阪府堺市にて生まれる。

 

大阪府立鳳高校を卒業。

 

高校では化学の成績が良かったことと、また当時ニュースでよく言われていた地球環境問題に関心を持ったことから、そのどちらも学ぶことができる埼玉大学工学部応用化学・環境化学工学科に入学しました。ここでは有機化学、無機化学、分析化学やオゾン層の破壊や地球温暖化のメカニズムなどを学びました。

 

その後卒業研究のテーマに関連した臨床検査機械メーカーの㈱京都第一科学(現アークレイ㈱)に就職しました。主に品質保証業務、検査試薬の研究開発に6年ほど携わっていました。ここでは検査結果が患者さんの命を左右することがあるということで、品質管理の大切さ、厳しさを学ばせていただきました。 

 

<ルミネックス新社創業のきっかけ>

 

それは1999年7月でした。実は私は小学校のときにノストラダムスの大予言を知った時から、1999年に世界は終わり、自分の人生も終わるのかとまわりの友達とは冗談で話していたもののこころの深いところでは結構強く思い込んでいたようで、そのせいかこのときまで自分の人生を積極的に生きるということができていかったように思います。しかし、実際には何も起こらず、過ぎてみて思ったのは、2000年(30歳)以降のことなど何も考えていなかったので、これからどのように生きていけばいいかということでした。そして考えて出した結論は、一度っきりの人生、自分のやりたいことをやっていこうというものでした。しかし、すぐに自分のやりたいことをやるわけもいかず、また自分が本当に何をやりたいのかもわからなかったため、とりあえずそれをさがすために会社を辞めて自分ひとりでできる仕事をしようと考えました。そして、特技や資格が特にあるわけでもない自分にできる仕事はなにかないか探している中、“ハウスクリーニング”という仕事があることをこのときはじめて知りました。そしてこの仕事をする決意を固め1999年12月末会社を辞めました。このような流れで2000年3月ルミネックス新社を創業し営業をスタートしました。

 

<ルミネックス新社最初の10年>

 

しかし、意気揚々とはじめたのも束の間、始めるまでは個人のおそうじの仕事なんてチラシをまいて営業するだけで簡単に依頼が来るものと考えていたのですが、現実はそんなに甘くはありませんでした。まいてもまいても最初の3週間はまったく反応がなく、え~どうなってるのと思いつつも、他にやることもなく、他の営業方法もできず、ただチラシをまき続けるしかないと思い続けていると4週目にしてやっと1件の依頼があるという状況でした。その後も月数件という状況がつづき、開業3か月目にして運転資金がなくなりそうな状況になりました。そこでもうやめてしまおうかとも考えましたが、自分の勝手で会社をやめて始めたことで、そんなに簡単にやめることもできないと考え、継続することをまずは決意しました。そして自分だけでのチラシ営業では無理だと考え、同業者のアルバイトや下請けの仕事など清掃関連の仕事は何でも引き受けていくようにして、なんとか事業を継続していきました。他社の仕事は安くて大変ではありましたが、関西国際空港のフロアメンテナンスやニチイ・サティなどのショッピングセンターの床メンテナンスや病院、タワーマンションなどいい現場経験になりました。

 

その後徐々に仕事は増えていき、スタッフも9人まで増やして頑張っていたのですが、2008年4月、売り上げの6割を占めていた元請業者さんが突然の事業撤退に伴い、翌月から仕事の6割がなくなるという事態が起こりました。これに対してとりあえずなくなった分の仕事を確保しなければと考え、それまでは下請け仕事に頼って新規の営業ができていなっかたのですが、遅ればせながらホームページを作成したり、チラシ営業を再開したり、既存客への営業をしたりと様々な努力をおこないました。その後なんとか2年間は頑張ったのですが、ついに営業を継続していくことが困難となり2010年末、スタッフ全員を解雇することとなりました。

 

<ルミネックス新社11年目からの再スタート>

 

そしてこのままやめるわけにもいかず

そんな中、過去の書類を整理していて見つけたのが小学校3年生の時の担任だった山本晃子先生にいただいた賞状でした(左写真上)。今まで自分の記憶では、当時絵が得意だったので、絵に関してだけ評価してもらっていると思い込んでいたのですが、その横に”そうじ・係のしごと”ということも書かれていることにこのときはじめて気づいたのです。こんな事書いてあったのという感じです。考えてみると、当時、そうじを頑張っていてもまわりに評価されることでもなく、自分でも何とも思っていなかったので、その言葉が目に入らなかったのだろうと思いました。そして、このような状況で見つけたこの賞状の先生の言葉は、30年の時を経て今の自分を応援してくれている、そんな風に感じ、先生のためにもここであきらめるわけにはいかないと強く思いました。そして2011年春、11年目のルミネックス新社は一人での再スタートとなりました。あらためて振り返ってみるとこの10年間はなんとか事業を続けなくては、売上を上げなければ、利益を出さなければというかんじで、創業当初の自分のやりたいことはなんだったのかを見失ってしまっているようでした。そこであらためて自分のやりたかったことはどういうおそうじなのか、またおそうじはそもそも何のためにするのかという根本的な意味についてもあらためて考えてみました。

そして自分にしかできないハウスクリーニングを創造するという当初の目的を再確認し、経営危機で苦しんでいたときに出会ったオフロケーション方式という清掃方法をまずはやってみようと始めました。いきなりすべてをオフロケ方式に変えることには抵抗があったので、徐々に進めていき、2015年に完全なオフロケ方式を応用したハウスクリーニングサービスを拭き掃除用のクロスで実現。理想の営業として2016年に完全リピート紹介予約制に。その後オフロケ方式ではクロス以外にもモップと窓用のウィンドウォッシャーでも導入し、さらにクロスでは高温洗剤含浸クロスを開発し、2018年から実践導入しまいた。さらにそのあと、ディスポーザブル方式も検討を重ねましたが、理想としては完全なディスポーザブル化ですが、性能・価格面で難しいということになりました。そして、現状での最高の形としてオフロケーション方式、プレウェット方式、ホットプレウェット方式、ディスポーザブル方式、プレウェットディスポーザブル方式の5つを現場ごとに最適な組み合わせで行うという”ディスプレーション方式”を完成するにいたりました。



現在のプロフィール

  • 将来やりたいこと : 宇宙に行く(小学生のころからの夢です)
  • 長所 :ねばり強い、がまん強い、集中力がある、(自分の限界を超えて無理してしまうこともあり、注意が必要)、過去の現場の状況をほとんど覚えている記憶力(適当にごまかせない)・
  • 短所 :顔を覚えるのが苦手、歌が苦手
  • 好きな食べ物 :ご飯もの(炊き込みご飯、釜飯、チャーハン、ピラフなど、父の実家が農家で子供の頃はおいしいかまど炊きのご飯を食べたためと思います)
  • 好きなもの :歴史、日本的建築物(城、民家、庭園、茶室など)
  • 好きな本 :「天使はモップを持って」(著:近藤史恵)
  • 好きな芸能人:八千草薫、指原莉乃
  • 好きな花:彼岸花